企業情報 沿革

2001年10月

会社設立
(日本酸素(株)50%、大陽東洋酸素(株)50%出資の共同生産会社)

2002年4月

JFPとして生産開始

2003年4月

三重工場に世界最大のMOガス生産量と精製能力を有する
MO用ガス製造設備増設

川崎工場に国内最大規模の
ジクロロシラン(SiH2Cl2)充填設備を新設

2004年10月

大陽日酸(株)100%出資

2004年12月

ISO14001-1996認証登録(JCQA:マルチサイト)

2005年4月

2004年度年間生産40万本を達成

2005年7月

ISO14001-2004認証登録更新(JCQA:マルチサイト)

2008年6月

三重工場にて新容器整備棟の稼動を開始

2008年9月

三重工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)

2009年6月

三重工場にSiH4用ISOモジュール倉庫設置

2009年7月

川崎工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)

2009年10月

小山工場、北九州工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)

2010年9月

「JFP」を商標登録(登録第5351179号)

2011年3月

川崎工場にてCOS(硫化カルボニル)の蒸留開始

2011年3月

北九州工場のB2H6製造設備を増強

2011年7月

三重工場にてH2Se(セレン化水素)の製造開始

2012年7月

北九州工場 保税蔵置場許可

2015年7月

某大学との共同研究開始

2015年7月

三重工場 10nmプロセス向け次世代材料ガス生産設備設置

2016年5月

川崎工場のCOS設備増設


会社概要 | 組織図 | 業績推移