環境・安全活動


■ 環境マネジメントシステムISO14001

JFPは環境マネジメントシステムISO14001(JCQA-E-0022)を認証取得しております。このマネジメントシステムを維持・運用する事により、環境汚染・災害の防止と、環境負荷の継続的改善を行なっています。
2004年12月に全社で認証を取得し、現在まで認証の更新・維持を継続しています。

JFP 環境方針

印刷用⇒環境方針.pdf
(2017年6月16日更新)

■ 労働安全について

 JFPは社員の安全・健康の配慮に取組んでいます。全ての工場で自動化操業を推進しており、安全の遠方監視、危機制御のシステムを網羅し、担当者に厳しい安全管理教育を実施しています。各工場には安全衛生組織があり、社員の安全と健康を保持すると共に、災害及び事故を未然に防止することを目的として活動しています。
 また、小集団の「危険予知グループ」を編成し、主に次の活動を通じて、安全文化の醸成に努めています。

   ・「ヒヤリハット活動」
   ・「定期ミーティング」
   ・「設備・場所点検」
   ・「危険予知グループ表彰」
   ・「安全スローガン募集」


さらに、全社の安全・保安を推進する目的で、以下のワーキンググループを組織しています。

   ・「BCPワーキンググループ」